×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 恋の活造り 



まな板の上の恋
恋路魔多し!?
コケツに入らずんば恋を得ず!!
恋に始まり恋に終わる
宴のあとは逆再生
宴の夜は早送り
真冬の夜の夢
気分はバイブレーション
デートでエスカレーション
おもちゃはグラデュエーション
おまけ・愛ちゃんの絵日記帳
あとがき



コミック花いちもんめに掲載された作品群を集めたこの単行本、
何故か付き合う男の子が片っ端からヘンな趣味を持っているという男の子運が無茶苦茶悪い愛ちゃんとその経験談を次々聞かされ且つたまには
巻き込まれてしまう被害者科ちゃんのお話「恋」シリーズ、
お酒に飲まれるカップルのお話「宴」シリーズ、
幽体離脱という非現実的な自体に巻き込まれてしまった結果、百合という非常識的な恋愛に踏み込んでしまった八木さんのお話「真冬の夜の
夢」、
そしてしてるところを見られてしまった山本さんとしているところを見せちゃった原田くんのお話「バイブレーション」シリーズが収録されております。

「ほのぼのH」というか、「少しヘン」というか、独特のがぁさんワールドが展開されるもっともわかりやすく個人的には「入門書」と思っているこの単
行本、実は私が初めて買ったがぁさん先生の単行本です(「シィナ」は本屋で見つけられたのが遅かったのです)。

個人的にがぁさん先生の作品の中で一番のお気に入りなのが「バイブレーション」シリーズです。Hなことに興味深々なのに背徳感と生来の引っ込
み思案な性格で先に進めない山本さんと「見ちゃった」ことで「見せちゃった」ことになってしまう、健康な男の子なのでやる気まんまんなんだけど
山本さんを思いやって先に進めない原田くんの2人がかわいくてならないんですよね。特に原田くん(や、宴シリーズの福田くん)は私にとっては理
想の男の子像だったりします。

文:かぐさん